医学部予備校や通信教育で知識を付ける|ガリ勉VS目標

学生

有名校への進学に役立つ

様々な個性の生徒のために

勉強

通信制高校と聞くと、成績不振や不登校といった学業に問題のある子供達の学校というイメージが強かった時期があります。しかし、このごろの傾向として高い進学率を有する学校も増えたせいか、通信制高校に対する世間の見方が変わってきています。確かに、今でも通信制高校には、様々な問題のある子供たちが入学しています。その子供たち一人一人の個性を大切にする教育を実践している学校では、就職率も進学率も共に高い数値を出している実績があります。特に最近になって現れてきた傾向として、行事などに振り回されないで、余裕を持って勉強できるという理由で、偏差値の高い生徒が在籍しています。十分な勉強時間と、教師による手厚いサポートがあって、有名大学への進学も果たしているのです。

教師がカウンセリングの勉強をしているか

それでは、どのような通信制高校が良い学校と言えるのでしょうか。現場の教師が生徒一人一人に向き合う姿勢が大切なのは、言うまでもありません。しかし、それだけではなく、生徒への適切なカウンセリングができるかという点があります。生徒を叱咤激励することは、どの高校でも行っています。しかし、優良な通信制高校においては、生徒の個性や適性を重んじて、的確なアドバイスを繰り返すことによって、その可能性を引き出しているのです。多くの悩みを抱えた子供達も、教師が親身になって相談に乗ってくれることで前に進めるのです。通信制高校を選択する基準としては、教師がそのような力量を有しているかを判断材料にすると良いでしょう。その基準を推し量るのには、卒業生や在籍している生徒の声に耳を傾けることが大切です。